始動してます、こうなるjournal

 今年2月末からご縁を頂き、フリーマガジン「ii川」を発行するチームに弊社2人も参画しております。記念すべき創刊号の入稿を終え、出来上がりが楽しみですが、発行に先立って弊社でチームメンバーの名刺を作成しましたので、ご紹介させていただきます!


 福井県大飯郡おおい町の旧名田庄から小浜市を流れる南川。この南川の上流部に来年、小水力発電所が運転開始される予定となっています。詳しくは、6月創刊予定の「ii川」のご報告で改めてご紹介したいと思いますが、この「ii川」を発行するために南川流域を拠点に活動する人を中心に、福井県立大学の先生や、高浜や若狭町のメンバーと一緒に編集チーム「こうなるjournal」を結成しています。

 編集チームにはチームの副リーダーとして精力的に活動されているタネまきデザインの魚見さんに誘って頂き、哲矢は「企画・編集・ライター」、真由美は「デザイン」を担当して取り組んでいます。

 「わたしたち【こうなるjournal】は今ある自然と共に、みんなで仲良く楽しく暮らし続けることを目指しています。」という、チームの想いも名刺に記載していますが、デザイン案も多様なメンバーそれぞれの個性や想いを少しでも表現できたらと思い、名刺裏のイラストをそれぞれが選べるものになりました。川から連想されるものをイラストにして、まずは13パターン。今のところ7名分ですが、メンバーが増えていけば色々と増やしていきたいと思っています。上流の森から下流の海まで、川自体から川沿いの道、川沿いの集落やまち・・・と考えるとまだまだ川と繋がるものはたくさんありますね。どんなイラストが増えていくかも楽しみです。

最後に少しだけ、南川の上流部、砂防ダムあたりをご紹介~